スキンケア

マスクでほうれい線が濃くなる2つの原因と対策!表情筋を鍛える顔体操のやり方も!

リエコ
リエコ

この記事では、マスクでほうれい線が濃くなる原因と対策を説明しています。

ほうれい線が気になってマスクを外すことが怖くなってきた…という方は、今すぐ対策しましょう。

コロナ禍の必需品『マスク』。

ここ数ヶ月、目覚めている間はマスクを着用しているという方も多いはず。

新型コロナの蔓延が収束を迎えるまで、『With マスク』生活が続くことは間違いありません。

[riecost]マスクでほうれい線が濃くなる2つの原因と対策!表情筋を鍛える顔体操のやり方も!

そんな中、『なんだか最近、ほうれい線が濃くなった気がする』という世界中の女子が恐れおののく怪現象が勃発しています。

よくよく見てください。鏡にうつるあなたのお顔、なんだか老け込んだように感じませんか?

そのお顔…ほうれい線がくっきり浮き出ていませんか?

[riecost]マスクでほうれい線が濃くなる2つの原因と対策!表情筋を鍛える顔体操のやり方も!

実はそれ…『マスクほうれい線』です。

一度獲得すると手放すことが難しいと言われる『ほうれい線』。

なんとなんとコロナ禍の相棒・マスクさんは『ほうれい線』獲得への嬉しくもないショートカットを作ってくれるのです。

何も知らずただマスクをつけることで、肌の乾燥を助長し、たるみを加速させ、ほうれい線を濃くするという『老け顔ホップ・ステップ・ジャンプ』を華麗に踏むわけです。

[riecost]マスクでほうれい線が濃くなる2つの原因と対策!表情筋を鍛える顔体操のやり方も!

この現象、若い人にも関係大アリ!

マスクが日常になった今、ほうれい線は20代のピチピチお肌にもくっきり浮刻まれているというから恐ろしい話です。

アフターコロナでマスクが日常から非日常になったとき、「わ、この人めっちゃ老けてる!」と周囲の人を驚かせないためにも、一日も早く『マスクほうれい線対策』を実施しましょう。

リエコ
リエコ

肌に刻まれたシワは年齢を重ねるごとに深くなる一方ですから、20代・30代の方はほうれい線が薄いうちに対策しましょう。

「もっと目立つようになったらかんがえる」では10年後に後悔すること間違いありません。

マスクほうれい線の2つの原因

なぜマスクをつけることでほうれい線が濃くなるのか?

その原因は大きくわけて2つあります。

一つ目の原因は『表情筋のゆるみ』

マスクをつけているとき、口元が緩んでいることにお気づきでしょうか?

マスクで隠れている部分は人に見られていないために無意識に口角が下がり『への字口』になってしまいます。

また、コロナの影響で在宅勤務が多くなり、日中に人と話す回数が激減しています。

会話することで使われていた表情筋は活躍の場が失われ、退化する一方…。

このような『表情筋のゆるみ』が、重力に負けて頬をたるませ、ほうれい線を濃くするのです。

[riecost]マスクでほうれい線が濃くなる2つの原因と対策!表情筋を鍛える顔体操のやり方も!

二つ目の原因は『肌の乾燥』

いやいやいや、マスクのせいで乾燥するどころか蒸れてるし!蒸れるせいであごニキビもポツポツ出てきたし…。

というのは私の体験談。同じような経験をしている方も多いのではないでしょうか?

マスクによる『乾燥』と『蒸れ』は対極にあるように思えますが、実はそれらを引き起こす原因は一つです。

その原因とは『温度の上昇』。

[riecost]マスクでほうれい線が濃くなる2つの原因と対策!表情筋を鍛える顔体操のやり方も!

マスクをつけることで、マスク内の温度は上昇し肌から水分が蒸発して乾燥します。

乾燥すると肌の水分を守るために油分が過剰に分泌され蒸れが発生します。

ほうれい線が濃くなるのは『乾燥』による作用、顎や頬にニキビができるのは『蒸れ』による作用というわけです。

[riecost]マスクでほうれい線が濃くなる2つの原因と対策!表情筋を鍛える顔体操のやり方も!

リエコ
リエコ

『表情筋のゆるみ』と『肌の乾燥』がほうれい線が濃くなる原因です。

それぞれに対して適切な対策をとる必要があります。

マスクほうれい線を予防するための対策方法

マスクほうれい線の原因である『表情筋のゆるみ』と『肌の乾燥』。

それぞれの対策を毎日のルーティンワークとして生活の中に取り入れましょう。

表情筋のゆるみを対策するための顔ヨガ

『表情筋のゆるみ』は意識的にトレーニングを行えば改善することができます。

表情筋のトレーニングと言えば、顔ヨガ講師で表情筋トレーナーの間々田佳子(ままだ よしこ)先生。

[riecost]マスクでほうれい線が濃くなる2つの原因と対策!表情筋を鍛える顔体操のやり方も!

さっそく間々田佳子先生による『表情筋を鍛えるための顔ヨガ7選』を動画で視聴してみましょう。

顔ヨガ7選の効果とタイムテーブル

ここをタップ!
顔ヨガ1ひょっとこ口
効果顔周りのたるみ&ブルドッグ顔の解消
タイム
テーブル
0:10~1:47
かかる
時間
正面→右→左→正面で5秒ずつ20秒ほど
顔ヨガ2眉ロック目ワイパー
効果まぶたのたるみ&眼精疲労解消
タイム
テーブル
1:50~3:12
かかる
時間
回数/秒指示なし、5往復で10秒ほど
顔ヨガ3タオルdeほっほっほーっ!
効果まぶたのたるみ&目の下のむくみ解消
タイム
テーブル
3:15~4:19
かかる
時間
回数/秒指示なし、ほっほっほーっ!を3セットほど
顔ヨガ4おだんごロック
効果リフトアップ&頬のたるみ解消
タイム
テーブル
4:20~5:20
かかる
時間
1セット15秒
顔ヨガ5くちゃぱーグーパー体操
効果・血液とリンパの流れを良くする
・むくみ解消
・顔色を良くする
タイム
テーブル
5:22~6:35
かかる
時間
2秒吸って10秒吐く×2セット
顔ヨガ6ひ~は~のお祈り体操
効果・首の横ジワを薄くする
・あごから首までのシェイプアップ
・胸元を美しくたもつ
タイム
テーブル
6:37~8:02
かかる
時間
20秒くらい
顔ヨガ7おいしいウサギとカメ体操
効果・口角アップ
・二重あごを解消
・唾液の分泌を促進
タイム
テーブル
8:03~9:27
かかる
時間
8秒くらい

5番目以降は脳活顔ヨガです。7番目なんて鬼ムヅなのは私だけ…?

リエコ
リエコ
脳活顔ヨガまで実施する時間がない!という場合は、4番目までの若返り顔ヨガを毎日実施するだけでも十分効果がありそうです。

マスク肌の乾燥を対策するための保湿

ここで説明する『保湿』とは、朝晩のスキンケアで実施する保湿ではなく、マスクオンの日中に実施する保湿です。

日中はマスクをつけることでマスク内の温度が上昇し水分が蒸発しやすくなります。

すると内部の水分量が少ないために干し柿のようにシワが刻まれた状態になります。

[riecost]マスクでほうれい線が濃くなる2つの原因と対策!表情筋を鍛える顔体操のやり方も!

朝しっかり保湿しても、マスクオンの温度上昇は防ぐことはできないため、夜には干し柿風のほうれい線が出来上がるという恐怖のシナリオです。

リエコ
リエコ
つまり、マスクオンの日常では朝晩だけのスキンケアでは足りないので、日中にも保湿するタイミングを入れる必要があるということ。

日中は場所や時間の制約があるため、朝晩のように洗顔から保湿クリームまで基礎化粧品のフルコースを実施するのは難しい状況です。

だから、ランチ時間や休憩時間の5分を使って『日中の簡単保湿』がおススメ!

日中の簡単保湿
Step1
皮脂や汗をリフレッシュシートでオフ

[riecost]マスクでほうれい線が濃くなる2つの原因と対策!表情筋を鍛える顔体操のやり方も!

崩れたメイクや皮脂・汗を拭きとるリフレッシュシートで肌を優しくぬぐいます。

シートでゴシゴシふき取ると肌の表面が傷つき、くすみ・シミ・シワの原因になります。軽く押し当てて優しく表面をぬぐうだけにしましょう。

リフレッシュシートで余分な皮脂などをふき取ることで、雑菌の繁殖対策にもなりニキビの拡大を防ぐことができます。

Step2
美容保湿効果がある美容液ファンデーションを塗布する

[riecost]マスクでほうれい線が濃くなる2つの原因と対策!表情筋を鍛える顔体操のやり方も!

マスクを着用していても紫外線は肌に届きます。シワの原因の一つである紫外線から肌を守ることも大切です。

美容保湿効果が高い美容液ファンデーションや美容液日焼け止めクリームを塗布することで、肌を紫外線と乾燥から守ることができます。

リエコ
リエコ
少しの手間でシャープなフェイスラインと綺麗な肌が保つことができます。日中の乾燥肌対策は10年後の自分への投資だと思って毎日のルーティンにしましょう。

まとめ

この記事のポイント
マスクでほうれい線が濃くなるのは『表情筋のゆるみ』と『肌の乾燥』が大きな原因。
マスクをつけることで無意識に口角が下がること、また、在宅勤務により人と話す機会が減り表情筋を使わなくなっていることから『表情筋のゆるみ』が生じる。
マスクをつけることでマスク内の温度が上がり、肌から水分が蒸発するために『肌が乾燥』する。
『表情筋のゆるみ』は、表情筋を鍛える顔ヨガ7選を実施することで緩和できる。
『肌の乾燥』は、日中に乾燥対策を実施することで予防することができる。
たった2ステップの『日中の乾燥対策』を実施しよう!
Step1リフレッシュシートで余分な油分や汗を優しく拭きとる。
Step2美容保湿効果の高い美容液ファンデーションや美容液日焼け止めクリームを塗布する。

紫外線、ストレス、食生活、加齢などの影響をうけ、日々の生活の中で少しずつ肌は老化していきます。

新たな老化要因『マスク』も加わり、女性の肌はさらなるケアが必要になりました。

追加のケアとは言っても、少しの時間と手間をかけるだけ。

ちょっとの努力を継続して、自信を持ってマスクを取ることができる『若々しい顔』をキープしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です