Excel

ExcelのVLOOKUP関数の引数┃検索方法の近似一致と完全一致の違い

この記事の内容

この記事では、VLOOKUP関数の検索方法について詳しくまとめています。
完全一致検索』と『近似一致検索』の違いを知りたい方には必見です。

対応するExcelのバージョン
Excel97
Excel2000
Excel2002
Excel2003
Excel2007
Excel2010
Excel2013
Excel2016
Excel2019

VLOOKUP関数の引数『検索方法』は、『完全一致検索』と『近似一致検索』の二種類から指定することができます。

完全一致検索は、検索範囲の1列目から検索値と完全に一致する値を探しますが、近似一致検索は検索範囲の1列目から検索値が含まれる範囲を探します。

近似一致検索を利用する場合は、検索範囲は必ず昇順で並べ替え、かつ、検索範囲のセル範囲に項目名を入れないことが原則です。

後輩あみ
後輩あみ
近似一致検索って用途がイマイチわからないんですよね…

リエコ
リエコ
完全一致検索がよく使われるので、近似一致検索を利用したことがない方も多いかもしれません。今回は特に近似一致検索について、用例も含めて詳しく説明します。

検索方法の種類と指定する値

VLOOKUP関数の引数『検索方法』は省略することもできますが、そうすると『近似一致検索』を指定したことになるため、期待した結果がでないことがあります。

正しい結果を出せるようにするため検索方法の種類と指定する値(パラメータ)を覚えましょう。

検索方法の種類
検索の動作
指定する値
近似一致検索
検索値に近い値を検索する
何も入力しない(省略する)
1
TRUE
完全一致検索
検索値と完全に一致する値のみを検索する
0
FALSE

近似一致検索の動作

VLOOKUP関数の検索方法を『近似一致検索』で指定する場合は、3つの引数からいずれかを選んでください。

どれを選んでも返る結果は同じです。

近似一致検索で指定する引数
何も入力しない
1
TRUE

Excelが行う『■以上▲未満は●を返す』という判定を『近似一致検索』と呼びます。

『■以上▲未満は●を返す』の■や▲や●は、検索範囲の1列目の値が反映されます。

近似一致検索の動き
近似一致検索は『■以上▲未満は●を返す』という特定の範囲内を返す動きをする。
『■以上▲未満は●を返す』の■や▲や●は、検索範囲の1列目の値が反映される。

『■以上▲未満は●を返す』を上の図に当てはめると、近似値判定の分岐は3つです。

  • 0以上10未満は「あ」を返す
  • 10以上20未満は「い」を返す
  • 20以上は「う」を返す

近似一致検索を指定する際にもっとも重要なことは、『検索範囲を昇順で並べ替えておく』こと。

では、昇順で並べ替えておかなかったらどうなるのか、同じサンプルで動作を確認しましょう。

近似一致検索の条件分岐は『検索対象1列目の【上セル】以上【下セル】未満』となり、昇順に並んだデータを認識することができます。

0~20は昇順データなので正しく認識できますが、20~10は昇順データではないため10は認識できません。

21以上の検索値は0~20に当てはまらないため、[10以上]を[20以上]に置き換えて認識します。

Point
人は『近似値』と言われると『数字の距離』をイメージしますが、ExcelはVLOOKUP関数の『近似値』を『前の値以上、次の値未満』と判断します。

近似一致検索の使い方

近似一致検索の使い方を具体例を見ながら確認していきましょう。

近似一致検索の具体例
テストの点数でABC評価をつける

数式
E11=VLOOKUP(E4,$A$4:$B$8,2)
※VLOOKUPの数式は③のE11からG13の各セルに入力されています。

【VLOOKUPの検索範囲】ランク分けをするため1列目をキーとして昇順に並べている。

【VLOOKUPの検索値】教科ごとの点数。E2からG8に入力された点数がランクを決める検索値となる。

【VLOOKUPの入力セル】E11からG13にVLOOKUPを入力。②の点数が含まれる範囲を①の表から探し、ランクを返している。

近似一致検索では、

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です