Excel

ExcelのVLOOKUP関数の使い方┃エクセル初心者のための基本スキル

この記事の内容

この記事では、ExcelのVLOOKUP関数を使い方をわかりやすく画像で解説しています。
VLOOKUP関数を初めて使う方や、スキルアップを目指しているExcel初心者の方におススメです。

対応するExcelのバージョン
Excel97
Excel2000
Excel2002
Excel2003
Excel2007
Excel2010
Excel2013
Excel2016
Excel2019

VLOOKUP関数は、Excelで最も利用される関数の一つです。

売上管理表で商品名から単価を自動的に反映したり、成績表で特定の範囲内の点数にランク付けをしたり、社員の氏名から社員番号を抽出するなど、幅広く活用することができます。

後輩あみ
後輩あみ
なんだか難しそう…Excel初心者のわたしでも理解できるか心配です…

リエコ
リエコ
VLOOKUP関数はExcelの関数の中でも難易度が低いので初心者の方が学ぶには最適の関数です。一緒に操作してみましょう!

VLOOKUP関数の基本情報と構造

関数カルテ
関数名 VLOOKUP
読み方 ブイルックアップ
検索範囲の1列目から条件を検索し、その行の指定した列番号にある値を返す関数です。検索対象の表は昇順で並べ替えておく必要があります。

今回は、以下のサンプルを作成して実際にVLOOKUP関数を入力していきます。

VLOOKUP関数の使い方を実践する前に引数(ひきすう/関数を動かすためのパラメータ・変数)について説明します。

VLOOKUP関数で指定する引数は4つあります。

引数の説明
VLOOKUP(検索値,検索範囲,列番号,検索方法)

検索値
検索する条件を指定します。

詳細はここをクリック!

セルに検索する条件を入力してそのセル番地を指定するか、数式内で検索する条件を直接入力することができます。

セル番地を指定した場合

VLOOKUP(D2,検索範囲,列番号,検索方法)

検索値をセル番地で指定すると、数式をコピーしたときにセル番地を変化させることができます。

数式内で直接入力した場合

VLOOKUP(“りんご”,検索範囲,列番号,検索方法)

数式内で検索値を直接入力する場合は、ダブルクォーテーション(半角の”)で検索値を囲みます。この方法では、数式をコピーしても検索値は変化しません。

検索範囲
検索対象となる範囲を指定します。

詳細はここをクリック!

検索値が含まれる列を1列目として、返したい値が含まれる範囲をすべて選択します。

検索範囲の指定

VLOOKUP(D2,$A$2:$B$4,列番号,検索方法)

数式をコピーした際にセル番地を変化させたくない場合は、セル番地に$(ドルマーク)をつけます。

これを『絶対参照』と呼び、数式作成時にF4キーを押すことで$(ドルマーク)をつけることができます。

列番号
検索値が含まれる行の右側の列から返したい列番号を指定します。

詳細はここをクリック!

検索範囲の1列目から検索値に合致するセルが見つかったら、そのセルがある行内から指定した列を返すことができます。

列番号の指定

VLOOKUP(D2,$A$2:$B$4,2,検索方法)

検索範囲の1列目が列番号1となり、右側に向かって2,3,4…と指定することができます。検索範囲の1列目からみて左側の列を指定することはできません。

検索方法
検索値を探すとき、『完全一致』で検索するのか『近似一致』で検索するのかを指定します。

詳細はここをクリック!

完全一致検索の場合

完全一致検索では、検索値と完全に一致する値のみ検索します。
完全一致検索を指定する引数は『0(数字)』と『FALSE』の2種類あります。

  • VLOOKUP(D2,$A$2:$B$4,2,0)
  • VLOOKUP(D2,$A$2:$B$4,2,FALSE)


近似一致検索の場合

近似一致検索では、検索値に近い値(近似値)を検索します。
近似一致検索を指定する引数は『1(数字)』・『TRUE』・『何も入力しない』の3種類あります。

  • VLOOKUP(D2,$A$2:$B$4,2,1)
  • VLOOKUP(D2,$A$2:$B$4,2,TRUE)
  • VLOOKUP(D2,$A$2:$B$4,2)


完全一致と近似一致検索について、以下の記事で詳しくまとめました。

後輩あみ
後輩あみ
VLOOKUP関数は『検索値・検索範囲・列番号・検索方法』を指定して希望の結果を出すんですね。
引数についてはなんとなくわかりました。

リエコ
リエコ
続いては『使い方の実践』です。実際に操作をしてさらに理解を深めましょう。

VLOOKUP関数の使う方法

VLOOKUP関数を理解するために、画像をまじえて解説します。お手元のExcelを起動して、一緒に操作してみましょう。

1. VLOOKUP関数で検索範囲となる表とVLOOKUP関数を入力する表を作成します。

同じサンプル表を作成して操作してみましょう。

このサンプルでは、A1セルからB4セルが『検索範囲の表』、D1セルからE4セルが『VLOOKUP関数を入力するための表』です。

2. 数式を入力するセルを選択し、[関数の挿入]ボタンを押します。

E2セルにVLOOKUP関数を入力します。[関数の挿入]ボタンは画面上部の数式バーにあります。

Point
E2セルを選択すると、画面上部の数式バーの左側にセル番地が表示されます。VLOOKUP関数を入力したいセル番地が表示されていることを確認後、数式バーの中央にある[fx]ボタン([関数の挿入]ボタン)を押します。

3. VLOOKUP関数を選択します。

[関数の挿入]ダイアログボックスが表示されたら、中央の[関数の分類]ボックスから[検索/行列]を選択します。続けて、[関数名]ボックス内で[VLOOKUP]を選択し、[OK]ボタンをクリックします。

Point
[関数名]ボックスはアルファベット順で表示されています。VLOOKUPは最下部までスクロールすると表示されます。

4. VLOOKUP関数の引数を指定します。

検索値、範囲、列番号、検索方法の4つの引数を指定して[OK]ボタンで閉じます。

Point
枠内にカーソルがある状態でセルをクリックすると、セル番地が入力されます。[関数の引数]ダイアログボックスが邪魔でクリックしたいセルが見えない場合は、[関数の引数]と表示されているタイトル部分をドラッグすると移動できます。

5. 「200」と返ったことを確認します。

正しく数式を組むことができれば、「りんご」の単価「200」が返ります。

6. 数式を下のセルにコピーします。

作成した数式をE3からE4までコピーします。

E2セルをアクティブにして右下のハンドルをドラッグするか、ダブルクリックしてください。

Point
アクティブセルの右下に表示される[ハンドル](小さな四角形)にマウスを合わせ、ダブルクリックするだけでセルの内容を連続する範囲にコピーすることができます。

作成した数式の解説

今回作成したVLOOKUP関数の数式をパーツごとに分解して説明します。

今回の数式
E2=VLOOKUP(D2,$A$2:$B$4,2,0)

文章化した数式
E2のVLOOKUP関数は、D2と完全に一致する値をA2~B4の一列目から探し、該当するセルの同じ行の2列目を返します。

パーツに分解
  • E2セルにVLOOKUP関数を入力。
  • D2セルの『りんご』が検索値(検索条件)。
  • A2からB4の表が検索範囲(検索対象)。
  • 2列目の2列目を返すため『2』を入力。
  • 近似一致検索ではなく、完全一致のみを返すため『0』(FALSE)を入力。

Excelで数式を作成する際は、頭の中でパーツごとに箇条書きにしてみたり、日本語で文章化するとわかりやすくなります。

さいごに

もし、VLOOKUP関数の数式が期待通りの結果にならない場合は以下の4つを実施してみましょう。

  • 検索対象の表を昇順で並べ替える
  • 検索対象の範囲がずれていないか確認する(範囲を絶対参照にしていない場合、数式をコピーすると範囲がずれていく)
  • 検索値にスペースなど不要な情報が入っていないか確認する
  • 検索値に半角/全角の違いがないか確認する

基本的な使い方をマスターしたら、次は応用です。

VLOOKUP関数を別の関数と組み合わせて使うことで、さらに幅広く便利にExcelを活用することができますので、ぜひチャレンジしてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です